こち亀!名場面オリジナルセレクション

国民的人気漫画として、言うまでもなく最高評価をされ続ける「こち亀」。
ですが、まだまだ高評価が足りてない!「こち亀」のより素晴らしさ・名言・名シーンをここに
2019/01/06

「こちら葛飾区亀有公園前派出所」が終わります。

「こちら葛飾区亀有公園前派出所」が終わります。
2016年9月17日のジャンプで終わります。

理由は今年で約40年、単行本200巻という大きな節目において、お祭り好きの両さんらしく、完結の機にするとワイドナショーで言っていました。

素直に寂しいですね、本当に。
そして、こんなに笑った漫画を作ってくれてありがとうと。
人生の中で両さんを読めて、楽しい気分にさせてくれて感謝です。
全然感動しない人間ですけど、なんか涙うっすらです。

あのたくましさはある種、男としての憧れの象徴でした。
かっこいいシーンが思い出されます。
男としてかくあるべきっていう部分がありました。
生き方に影響しているっていうエリアに両さんは整理されていて、心の大事な部分を教えてくれました。
多感な時期にこち亀を読んで、他の思い出とセットにもなってる。
こち亀の話題で友達と笑ったあの日々が、光景が友達の顔が思い出される。
いくらでもでてくるこの言葉の量が、自分にとっての両さんを好きな量なんでしょう。
一つ区切りになる気がして寂しいです。

多分、僕らの大好きな両さんらしく、熱すぎず、ボケの渦の中なんかで終わるんじゃないかなぁと想像します。さらっと去るんでしょう。
それがらしくて大好きで、尚更、寂しい。
そういう好みのヒーローは少なくて、ただ惜しむばかりです。
posted by よりよい生活に向けて取り組む委員会 | 「こちら葛飾区亀有公園前派出所」が終わります。
前の記事 > フェラーリF40と田吾作 | 次の記事 > 両さんと商売