こち亀!名場面オリジナルセレクション

国民的人気漫画として、言うまでもなく最高評価をされ続ける「こち亀」。
ですが、まだまだ高評価が足りてない!「こち亀」のより素晴らしさ・名言・名シーンをここに
2019/01/18

【こち亀 一言の名シーン】細かいところも名シーン

小さなコマの魅力もまた、いい。見逃せない。
思わず吹き出すものや、素敵な両さんが、すごくいい味を醸しています。
爆笑な話・名場面がドーン!ももちろん、
さりげない小コマのセンス。これが「こち亀」のいい思い出を構成してくれています。

63巻  夜勤パニックの巻



戸塚・寺井・両津の3人で夜勤する話
何も起きないはずないわけで…

両さん、焼きそばカップ麺で失敗。






まさか。







この不衛生感。これぞ両津ですよね。ゴキブリと言われる男の発想と実践。
排水管から出してるところが最大にに気持ち悪い。

63巻  東京土地なし派出所の巻


90年代、時はバブル。東京の地価高騰が背景にあります。
ウチは派出所があるだけましなんだという話。






何気ない、部長の一コマ。ひどい。
これだけでわかる、この不信感、粗末感。
人格者な大原部長でもこんな言葉が出ちゃうのが面白い。


63巻  ギブミーひじかけ椅子!の巻



出世していってこそ、いい椅子座れるのだ!両さんもという話


何気ない自販機でのシーン。子供たちに当たりがでます。






飲み物を逃がしちゃう子供。逃がさない両さん。





教えとしても両さんらしく、子供に優しい。
両さんは本当にかっこいいです。
なにげなくて大好きなシーンですね。
こういうの見て子供との接触にマネしようと思いましたし。


ひと巻のわずかだけでも、緩急あり、これだけのいい話いっぱい。
圧倒的、面白いの打率。改めて、素晴らしいマンガ。
子供のとき面白かったのが、見返して、ああやっぱり面白かったとなります。すごい!
posted by よりよい生活に向けて取り組む委員会 | 【こち亀 一言の名シーン】細かいところも名シーン
前の記事 > オチが強烈で忘れられない話 | 次の記事 > フェラーリF40と田吾作